関係法令について-1

 ここでは、看板の設置に関わる法令を簡単にご紹介いたします。看板の設置については以下のような定めがあり、誰もが簡単に設置できるものではありません。

看板を設置するにはいくつかの例外を除き、地方自治体の許可を受ける必要があります。

許可を受ける際には、条例に定められた資格を有する管理者の設置が義務づけられています。

看板イメージ写真1

 設置許可を受ける際に、満たさなければならない基準がいくつかの法令により定められています。これらの法令は、良好な景観を保つ、不法な看板によって交通事故・ケガ等の事案が発生するのを防ぐという目的のために定められているものです。


 通常、法令に関わる手続などについては、弊社のような有資格者が在籍する業者にお任せいただければ、お客さまのお手を煩わせることはございません。

看板イメージ写真2

 しかし法令の制限により、お客さまが思い描く通りの看板を実現できない場合があります。そのため、ここでは看板製作をお考えの際に予めご承知おきいただきたい、屋外広告物(屋外に設置する看板のこと)に関連する法令の概要を簡単にご紹介させていただきたいと思います。


 屋外広告物の設置に際し関係してくる法令はいくつかありますが、主たるものは、国の定める屋外広告物法と、それに基づき各地方自治体により定められている屋外広告物条例です。その他にも建築基準法や景観条例等が関係してくる場合があります。

屋外広告物法
 国が定める屋外広告及び屋外広告業に関する基準や制限に関する法律です。(昭和24年6月3日法律第189号)
屋外広告物条例
 屋外広告物法に基づき地方自治体が定めるもの。どこにどのような屋外広告物を設置できるのか、設置のためにどのような手続が必要であるのかといったより細かな要件が定められています。
 各地方自治体ごとに満たすべき要件が異なっており、注意が必要です。使用可能な色など細かく定めている自治体もあります。
その他
 屋外広告物条例の他に関連する法令には次のようなものがあります。
・建築基準法 ・道路法 ・都市計画法 ・景観条例
 設置に際して、屋外広告物条例に基づく許可申請手続の他に別途の届出手続等が求められます。